タグ:メイクアップアーティスト ( 6 ) タグの人気記事

シドニーに帰ってまいりました

040.gif(お辞儀に見えます?)

ご無沙汰いたしました。

先週無事シドニーに戻ってまいりました。

激動の日本のスピードには最後まで付いていけず、ようやっとシドニーののんびりペースに自分を取り戻しているところです。

でも日本では嬉しい再会がありました。

2年前、鹿児島でお会いした方が、私の仕事を知り自分もメイクの仕事に興味があったと打ち明けてくださいました。
「ぜひ、その夢をかなえてくださいね」とお別れしたのですが
今回その方にばったりお会いしました。

でもとても大人っぽく、さらに美しくなっていらっしゃったので私は気が付かなかったのですが、あちらから、声をかけていただきました。
そして、今、Aという有名高級化粧品ブランドで、働いていらっしゃることを知りました。
気が付かなかったのも当然。
とても、自信に満ちた堂々とした印象でしたから。
自分の好きなことをお仕事に出来たその満ち満ちた気持ちがあふれていらっしゃいました。

本当に嬉しかったです。
メイクの道は、好きだ、だけではなかなか開けません。
ご本人もとてもラッキーだったとおっしゃっていました。
でも、そのラッキーを呼ぶのもご自分の力だと思います。

夢を叶えていた同じメイクの道を歩く方に再会できた喜びは言葉には言い表せません。

夢は口に出した時目標となり、
その目標に向かって進む時
現実となる。

おめでとうございます。
わがことのように嬉しかったです。
[PR]
by virtualbeautyM | 2008-02-27 09:17 | メイクアップアーティスト

宝塚メイクが流行る?


ある雑誌で、目を引いたのが
『ずらしメイク』
なんのこと?
と思ったら
アイラインなら、目頭や目じりで、結ばず、すき間を空けておく
アイラインを目元ぎりぎりに入れずに少し浮かす
アイシャドーもきっちりいれずに、きわからずらす
付けまつげもまつげより少しずらす

と、「ずらす」らしい。

ん?これってなんか宝塚メイクっぽくないかしら?

あの方達の舞台メイクはすごいものがあります。

アイラインは1cmは上下にずらし
付けまつげはまぶたの真ん中に、ほほの上に
という感じで
マジかで見るとびっくりしますが
舞台栄えはするし
外人のような、お人形のような、マンガの主人公のような
素敵な目元となるんです。

その可愛いバージョンとでもいいましょうか。

勿論そのずらしたすき間をキレイに、そして自然に埋めなくてはいけませんが。

これからはフェスティブシーズン!
ちょっと思い切ったメイクで、みんなの注目を浴びてみましょう。






[PR]
by virtualbeautyM | 2007-11-27 13:44 | メイクアップアーティスト

プロメイクコース、新コース登場です

それから、新プロメイクレッスンが、新教室で開かれるようになりました。
シドニーのCityにあるとても素晴らしい見晴らしの教室です。

先日また新しいメイクさんが誕生され、ご自身7年の美容師の経験があられる方で、これからはウエディングを中心に活躍が期待されます。

次は9月14日からのスタートです。定員が限られていますのでお早めに。
詳しくはhttp://www.ms-floral-studio.com.au/makeuplesson.htmまで
お問い合わせは私のemail:virtualbeauty@activedream.com.auまで・・・


[PR]
by virtualbeautyM | 2007-08-26 13:17 | メイクアップアーティスト

目元のしわ トリートメント


やっと目元のしわが少なくなりました・・・ホッ

結局、
Estee Lauderの Re-Nutriv アイクリーム(金色ですよ、金色!)
Guerlain のSuper Aqua-Serumセーラム(これはSpaでも使われてます)
Lancome のAbsolue Premium βx クリーム(50歳以上対象らしい・・・高いだけのことはありました・・・)
b0081960_13122441.jpg
b0081960_1313755.jpg

b0081960_13135455.jpgと言う豪華3大巨匠のお出ましとなり、マッサージを受け、何とか乾燥しわが薄くなりました。

でもふとうつむいた瞬間に目元に出る「たてたてよこよこ、果てにはななめじわ」には愕然。どうもこれは肌のLifting力の低下のようです。

そこでまたお出ましいただいたのがSKⅡのSigns Dual Treatment Mask.あの上下2枚に分かれたパック。

若い頃ならいいのですが、やはり最近はお金がかかります・・・
でも皆さんはあまり若い頃から高級品で肌を甘やかすことはないと思いますよ。自分で回復する力を弱めるような気がします。ただ肌環境は年々過酷になっていますのでそれ相応のトリートメントは必要ですが。







[PR]
by virtualbeautyM | 2007-08-26 12:38 | メイクアップアーティスト

生徒さんが、BAさんになっていた!     


b0081960_2011242.jpg
前回日本から帰ってくる時、成田で最後のDutyFreeShoppingをあさっていた時、『先生!』と声をかけられて驚きました。サンローランのBAさん、私のメイク講習の生徒さんでした。

『覚えてますか?』と聞かれましたが、もちろん生徒さんは覚えてますよ!みっちりと濃い時間を過ごしましたからね。授業の時は、けっこう淡々とした感じの方だったんですが、こころざしとおりにメイクの道に進んでくださっているとほんとに嬉しい限りです。

生徒さんの中にはほかにも、有名ブライダルメイク室で働いておられたり、某メイクさんの教室の先生になっておられたり、と皆さんの活躍を聞くにつけ、私も負けてはいられないぞ=とパワーをもらいます。
b0081960_2024011.jpg
b0081960_2035142.jpg















日本でお知り合いになった方が、私の仕事を話したら『メイクを勉強したいと考えています』とおっしゃってましたが、ほんとに今メイク教室に通ってらっしゃるのを知りました。その方にもメイルしましたが、『やりたいなあ』と言うのと『実際、やる』と言うのには、天と地ほどの違いがあります。清水の舞台ではないけれど、勇気が要るし、思い切りがいるんです。

それが友達の一言だったり、他人との出会いだったり、テレビだったり、本だったり、きっかけはいろいろ。私は、友達がネイルの教室に通うと聞いて、じゃ私は以前から好きだったメイクを勉強しよう、と動き出しました。

そして、踏み出したとたんに、『夢』は夢ではなく、目的やゴールにかわります。あとは、突き進むだけ。ポンと背中を押すものがあれば、夢は手の届くところに近づいています。

ただ、成田では、あとは飛行機で寝るだけ!とメイク直しもしていず、洋服も寝る体勢に合わせてくたびれていたし、眠れるようにとビール片手だし、とても『先生』などと呼んで頂く状態でなかったのが、情けない。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-11-27 19:42 | メイクアップアーティスト

キャ~~なんとあの人のブランドのコスメガあった


Kevin Aucoin(ケビンオークイン)といえば、メイクアップアーティストなら一度は耳にした事がある、私が最も尊敬するメイクアップアーティストです。残念ながら数年前に若くして亡くなられたのですが、彼の手にかかった有名なハリウッド女優さん・一流モデルさんは数知れず、そしてその誰もが彼の技術と人柄を認めています。

そして彼のコスメブランドあったんですよ!
b0081960_19444467.jpgb0081960_1945139.jpg



シドニーのDavid Jones内にあるMeccaという、シュウウエムラや、Stilla,Narsなどの気になるコスメブランドを持つ店に入っていました。5月末に上陸したそうですが、もちろん日本にはまだではないでしょうか。この前のMake Up Storeといい、オーストラリアもなかなかやるではありませんか!

パッケージはシセイドウインウイでのコスメプロデュースをしていただけあって、その流れを引いたようなエンジ色の大人っぽいデザイン。2代目のプロデューサーのステファンマーレーのコスメブランドもありましたね。彼のはもっと一般向けっぽい品揃えでした。
やはり、プロを相手にするブランドらしく、色使いも何も冒険するものはないけれど、上品にかつ洗練された仕上がりを約束させます。価格帯もびっくりするほど高くはないですが、通常のものよりやはり一割高という感じですね。
ファンデはしっかりカバーし、伸びがよく、自然な仕上がり。彼は、まあ相手がプロのモデルや俳優さんという事もありますが、あまりファンデをベターと塗らず、コンシーラーとパウダーのみというのも多いです。アイシャドーパレットも現在3種類のみでしたが、ブラウン系がメインでした。目を引いたのはチーク、彼自身はアプリコットのチークを良く使っていたようですが、可愛いペッタリした(?)ピンクが可愛かったです。$92.00という事でちょっと手が出なかったんですが・・・。

彼はオードリーヘップバーン、エリザベステーラーなどもう完全に!キレイな人をメイクしたりしています。ご本人もクラクラするほど緊張したとかこれでメイク業として思いが叶ったと書いています。エリザベステーラーがメイクのあと大きな鏡でくまなくチェックしたあとお付きの人に『ちょっと来て、彼が私に何をしたか見てちょうだい!』といった時は心臓がひっくり返りそうだったそうですが、彼女は今までにない彼のメイクの仕方に感動したのです。世界の美女たちの今までにないステキな美しさを見出し、クローズアップさせた彼の技術は賞賛ものです。本人も知らない面を見つけてあげられる目こそ、メイクアップアーティストに必要な条件なのでしょう。

メイクが好きな人は是非彼の本を覗いてみてください。メイクが楽しくなるの、請け合いです!
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-06-16 19:42 | コスメ