<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

全色に挑戦しましょう            

よく、メイク道具を覗かせてもらうのですが、せっかく4色のアイシャドーとかを持ってらっしゃってもそのうちの1色か2色しか使っていらっしゃらない方が多いですね。

『だってどうやって使ったらわからないし」
『この色が好きで買ったんだから」
『どこにぬればわからないなあ」

などなど。

そうなんですよね。
たとえ4色あっても、そのうちの一色が気に入っただけとか、他の色をどこにぬったらいいんだろう、って。結局1色しか使わず、他の色は使ってもらわないまま捨てられてしまいますよね。

でも、作る側も、組み合わせて使えない色あわせをしていませんので、絶対だいじょうぶ。必ず、どこかに付けられる色なんですよ。

ルールはありません。好きなところに付けてみてください。b0081960_182982.jpgb0081960_1835996.jpg

というのもアドバイスになっていませんね。


では、あなたが気に入った色をまず、付けてみてください。

そしてきっとその色のグラデーション色を重ねていきましょう。

もしお気に入りより白い色なら(明度の高い色なら)上に伸ばして、

黒っぽい色なら(明度の低い色なら)目の際に、

そして、パール色や明るいベージュ色などがあれば、眉下に、

まったく違う色が一色あれば、目じりや目頭などに、刺し色として入れてみてください。

で、出来上がりがいまいちだったら、また違う場所に入れてみましょう。

要は、必ず全色をどこかに入れてみること。
そうすることで、お互いに引き立ちあう組み合わせを見つけていってください。
[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-21 17:26 | ビューティ

禁断の愛?    


ひさびさの我が家のちび猫2匹。

舌が長いのか、暑がりなのか(お前は犬か)、よく舌を出したまま寝ているのがTiggerです。

そして、仲良しの兄弟で抱き合っています。Winkyと。
b0081960_17144633.jpg











[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-19 17:14 |

Shu Uemura氏の2世ブランドが出た      


日本からの新ブランド登場というので、思わず手にとって見たらなんとあのShu Uemura氏の息子さんのHiroshi Uemura氏のブランド。その名も「UTOWA」。

Stella、Nars, Kevyn Aucoin,他ドクターコスメを扱う「Mecca」Shopにて、ファンデ、チーク、マスカラ、グロス、リップとビューラーをおいています。もちろんオイルクレンジングも。

試してみましたら、日本人好みのほのかに色づく感じ。グロスはStellaっぽくって若い人ごのみのかわいさです。

日本にはたくさんのショップがすでにあるそうです。
オーストラリアの鮮やかな色あわせに飽きたらぜひ試してみてください。

b0081960_15122667.jpgb0081960_1517496.jpg





[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-15 15:09 | コスメ

苦労に苦労を重ねて、やっとの猫写真アップです


exciteでは、500KBまでの写真しかアップできないらしくて、うちの弟の写真は性能がいいのかもっとおおきいため掲載ができなかった模様。

いろんな技術(というほどでもありません)を駆使して、やっとご紹介できます。

白の大きいお目目のがパンチくん。鳴き声が独特で[ミャー]ではなく[アー]って感じで鳴きます。

ゴクウ、漱石、ぽっちはほんとに生まれてすぐ捨てられていた可愛そうな子猫たちですが、弟と妹の献身的な愛で、すくすくと育ちました。一時は、小さなスポイトで夜中も数時間おきにミルクを与えたとか。

そして、彼らを面倒見たのがオスのパンチ君。なめてあげたり、一緒に寝てあげたりとまるで母親のようだったとか。

もう、うちのめす猫のBettyさんにつめの垢でもせんじて飲ませたい。
いまだに、子猫たちは目の仇で、[フーフー]と怒っていますから。
b0081960_7432577.jpg




[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-14 07:34 |

若く見えるコツ  


以前大人っぽく見せるためには、と題して、眉を長く描いてみましょうという提案をいたしました。

で、今回は若く見せるコツというのをご紹介いたしましょう。

難しいテクニックはいりません。
ニコっと笑うだけなのです。つまり、口角をキュッと上げること。

ナアンダ・・・なんて言わないで下さい。
どんなに高いマッサージを受けても、必ずこの口角を上げるマッサージがあります。

口角が下がると、
   ほほの筋肉が下がり、
   鼻の横の毛穴がダラーと伸びてきて、
   目元がたるんできて、小じわができます。
   全体的に疲れーた感じが漂い、
   [老い]を現してしまいます。

ほら、このブログを読んで頂いている間も、どうか口角をキュッと上げてみてください。ニターと笑うんではなくて。クチビルを少し引っ張る感じで。

そして、眉間のしわを伸ばしましょう。それには、口角を上げた後、目をカッと見開く感じにすると、眉間がグーッと伸びます。

今、エグゼクティブな女性が増えていますが、やはり仕事をこなすうちにどうしても眉間にしわがよってしまいますよね。Yogaのクラスでも最後のリラクスエーションの際に、「顔の筋肉を緩めて~]といわれますが、つまりはこの眉間を伸ばすことなのです。でも顔中の筋肉を緩めちゃうといけないので、口角がキュなのです。

ハイ、ほらほら、忘れないで。今日一日、気にかけてみてください。きっと周りの反応があなたに教えてくれますよ。[なんか生き生きしていますね。」って言われますから。



b0081960_87852.jpg

[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-13 07:32 | ビューティ

うちの実家の猫を紹介いたします


日本から帰ってから、わがデジカメの充電器が見つからず、バッテリー切れのため、我が家のかわいい猫達のアップができません。一ヶ月もほおって置いたからか、かなり野生化しておりましたが、やっと最近落ち着いてまいりました。

しかし、古猫と新猫のバトル争いは熾烈を極め、古猫は耳をそがれると言う大事件にまで発展しております。充電器が見つかり次第、アップしたいのですが\\\

と言うことで、日本の実家で弟ぎみが飼っている4匹の猫達をご紹介。
古猫のぱんち
大晦日におしっこが出なくなって、病院に駆け込み、何とか持ち直したそうです。寒くなるとトイレを怠り、膀胱炎のようになり悪化し、死にいたることもあるそうです。怖い怖い。





新猫は、ゴクウ、漱石、です。
新猫はまさに死に掛けていたのを、蘇生させた奇跡の猫達です。
どちらもゴミ箱や裏庭に捨てられていて、一匹はまさに庭に埋めようとした際に動いたので、あわてて、病院に連れて行ったそうです。冷たくなりつつあったので、車のヒーターで暖めながら。まさに九死に一生です。



(すみません、画像がアップできないので、明日また挑戦します・・・)
[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-08 00:58 |

ランコムの秋冬バージョンがいい    


3月はシドニーでは秋の始まり、でも週末はビーチでねっころびたくなるくらいの晴天気!とても秋とは呼ばれない気候です。

でも化粧品カウンターはそろそろ秋冬仕様。落ち着いた色が並んでいます。
b0081960_15404179.jpg

そこで目を引いたのがランコムのLuna Chicシリーズ。秋の夜長の月を愛でる、月光の色つかいです。

今回ゲットしたのが、アイシャドウ。
ちょっと重めのメタルの入れ物をふたをクルッとまわすと、メタリックな色が現れます。
春にゲットしたRMKのグリーンシャドーと合わせるため、抹茶色のシャドーと冬には活躍しそうな黒の2色。

シマーというにはもっと大き目のラメがキラキラしてきれい。

また黒のシャドーはすぐに下ににじんでパンダ目になりがちなのですが、このLuna Chicはしっかり色づくのに、下にはついてこない、ただキラキララメが散りばめられてきます。だから会う日と会う人そのキラキラに目を奪われ、『きれいなアイシャドーね』とほめられます。

メタルの入れ物も赤いベルベットの子袋に入ってきて、エレガントな気分にさせてくれます。

ぜひ、ぜひランコムカウンターに訪れてみて、体験してみてください。
[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-05 15:38 | コスメ

SKⅡの威力にひれ伏す           

メイクのお仕事をしていて、とてももちもちとしたぷっくりお肌に出会うことがあり、思わず『どちらの化粧品をお使いですか?』と聞きたくなることがあります。

そしてその場面で「SKⅡです」といわれる事も多いんです。

そうか、と思い、一度トライしかけたんですが、いかんせんあのピテラの香りがダメで受け付けなかったんです。

でも今回もまた目を引いたパッケージ商品に、これはお得ですよといつものエステーローダーのBAさんに勧められた。
(あ、そうそうこちらではそれぞれの化粧品カウンターのスタッフが少ないので、ランチタイムや忙しい時はお互い助け合うんですよ。日本では考えられないですけれど、こちらでは結構普通なんですよ。)
そして彼女いわく『この香りが効く!っと思って使ってみて』って。そうか、苦い薬ほど効きそうですものね。

で頂いたパッケージは、ふき取り用のローション、ピテラ化粧水、UVエッセンス、クリーム、そしてパックが2枚ついてA$280.00(日本価格も¥28,000とありました)。ピテラ化粧水もUVエッセンスも通常サイズ。

「翌日に結果がわかりますよ」というSKⅡスタッフのお言葉通り、確かにお肌がふっくらしている。ピテラの香りも、肌に効くと思えば、前ほど気にならなくなっていました。(単純・・・)あのピテラの香りで敬遠されていた方も多いかと思いますが、肌にいいと思ってまた挑戦してみてくださいな。

うーむ、さすがSKⅡでした。
[PR]
by virtualbeautyM | 2007-03-04 09:39 | コスメ