<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

RMK ルミコのエキゾチックシマーなフェイス用プレストパウダーがおすすめ


b0081960_142463.jpg
やっぱり好きなのがRMK ルミコの製品。お土産で買ってきたネイルも、我がネイリストのYさんが「日本人の黄色の肌にきれいに映るネイルの色ですねえ」と絶賛。おお、そのネイリストのYさん、先日シドニーで行われたBeauty Expoの中のイベントで、付け爪部門で見事第三位入賞でした。おめでとう!
b0081960_1441890.gif

今回も、あれやこれやとごっそり買いあさり、新色のアイシャドーは、「混ぜても濁らない色」と言うまたまた優れもの。黒とグレーにグリーンの濃淡を組合すところなんぞにくいにくい。薄いグリーンを目頭にハイライトに使い、目尻際に濃いグリーンをさし、目の下のきわラインにYSLのエメラルドグリーンのアイラインをインサイドで入れるときれい!確かに色が合わさったところも濁らず発色がきれいなまま。

b0081960_1432513.gif
ハイライトとしてのゴールドを探していたのだけれど、パウダーではなかなかいいものがなく、困っていたところ、リキッドアイシャドーのゴールドはパウダーでは得難い輝きと艶、でも浮きすぎない。またオレンジは、目元の骨に沿って入れると暗いアイシャドーとの対照で目元が立体的になるので欲しかった色。

もう買い忘れはないでしょうと清算していたら、「丁度今からメイクアップショーをしますから見て行って下さい」とご案内されたので、ウキウキいそいそと出かけてみた。

そこで、メイクの最後にシャシャーっとモデルさんの顔にまぶした(?)のがシマーなフェイス用プレストパウダー。そしたら突然顔の印象があか抜けて見えた。あわててまた売り場に戻り、「アレ下さい、アレ。最後にまぶしたやつ」と焦って購入。別に焦る必要はまったくなかったのだけど・・・。色味はとてもブラウン系な固形パウダーのようなのだけれど、色が付くと言うものでもなく、キラキラ光ると言うものでもなく、なんとも形容しがたいのだけれど、とにかく透明感が出るというか、つまりは「あか抜けた」感じになる魔法のお粉なのです。これはおすすめ。PO1とPO2の2種カラー。メイクの最後に大きいブラシでシャシャーっとつけてください。周りのみんなも、「今度日本に帰ったらそれ、絶対Getですよねえ」と意気込んでいるほどです。是非お試しを、試さないとこの良さが分からないですよ。
b0081960_1158211.jpg

[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-22 01:32 | コスメ

恋する予感の人におすすめ            


b0081960_13253517.jpg

まあ、日本といえばマスカラですよね、ヒロインメイクに続くヒットはないものかと目に留まったのがこのLash Costume Mascara.『最強の「上目使い」』。最近自分的にもしっかりモードが少し疲れてきて、甘えたモードに来ているからか、このモデルの上目にやられました。まあ、キャラ的には絶対自分にはできないけど。

深く黒くつややか。濃厚グロスブラックとありますが,伸びがよくキレイにセパレート。
目は口ほどにものを言う。目線強調、目ジカラUP 。繊細パワフルカールで作る”おねだりEye"。

そうか、おねだり・・・ねえ、おねだり・・・か。まあ、この年でおねだりするものは結構値が張るものでびっくりされそうだけれど、以外に私はブランド志向もなく、『そばにいてくれていればいい』ぐらいなんだけどでもきっと『なにが欲しいんだ!』ときつ~く突っ込まれそうだなあ。

だからこのマスカラをして、上目使いのおねだりを研究中。このマスカラはほんとに上目でイキます。是非皆様も鏡の前で練習して、そのときに備えてください。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-18 13:21 | コスメ

たかがコットンされどコットン          


日本へ行ったら必ず手に入れるもの:

顔ソリ・まゆソリのカミソリ
外人さんは顔ソリは男がするものと考え、ちょっとやソットじゃ顔をあたらせてはもらえない。Vogueなどアップで見てもらえれば分かりますがウブゲいっぱいです。ただ金髪なので目立たないけど、メイクはしにくい。

まゆカット用はさみ
こちらは鼻毛切?とまごうごとき歯の分厚いものしかない。基本的に眉は剃らない。

綿棒(先が細くなったもの付き)
綿棒は耳掃除用なので、スゴイ太いし、厚みありすぎ。日本で先細のを見たときは涙ものでした。弘法も筆を選ぶのですよ。RMKさんではクレンジングを含ませた綿棒があり、化粧直しに大活躍ですよ。

コットン(私的にはシセイドウさんの赤い線の箱)
こちらで手に入るものは毛羽立つし、肌にはキメ粗すぎて、化粧水の吸い込みも悪い。

メイク用スポンジ
これも肌あたりが悪いし、すぐボロボロとなってきて使えない。

スポンジ洗い洗剤
石鹸でもいいんですが、殺菌作用もあり、簡単でスポンジのもちも良いから

滅菌作用入りの濡れコットン
手に乗せて色を調整するので手拭ものは必要。滅菌ならメイクする前にも必ず使えるし。こちらにもボトルものがあるのですがかさばらずシート状のものがすきです。

口紅ブラシ(お客様に口紅をつけてタッチアップ用にプレゼント)
パフ(タッチアップ用にプレゼント)
タッチアップ用のものをプレゼントできれば喜ばれます。

ヘアピンとヘアゴム
メイドインジャパンの髪はメイドインジャパンのピンとゴムでしかしっかりとまりません。黒いゴムも黒いピンもあるのですが、ピンは跳ね返ってくるし、ゴムはゆるいんです。アジア人の髪の強さはハンパジャありません。

と言う事で日本からこちらへ来られる方は、是非これらのものを日本で揃えられていらっしゃってください。勿論、小さいとはいえ、眉バサミ・カミソリなどは機内に持ち込めず取り上げられたりしますのでスーツケースなどに入れていらっしゃって下さい。


ほんとに日本にはいいものがたくさんですね。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-16 19:55 | ビューティ

大変なことですよ             


きょうはRMKのコスメ編のご紹介と思っておりましたが、今夜のパーティに参加してくれたMちゃんがプレゼントしてくれたコスメ賀すっごいことになってしまったので、そちらを紹介しなくてはと急遽焦って変更ですよ。

でも、ネイミングしかわからないんです。

Mちゃんは以前シドニーに一年間留学していたんですが、今回アロマのお勉強に帰ってきました。アロマの知識からマッサージ、果ては解剖学までと毎日猛勉強のようなのですが、そこで習ったこの魔法の化粧水!『若返りの奇跡のお水』と下さったんですが、これがほんとにすごいんです。顔につけた途端毛穴が消えていく感じ。肌がふっくらと持ち上がり、化粧水がしみとおったあとはすべす~べの肌となってるんです。まさにマジック!奇跡だ!!

深く聞こうにも、もう帰ってしまった彼女。この茶色のビンにはいったい何が調合されているのやら・・・・。うー無、とりあえずその魔法のお水は『The Queen of Hungary's Water』とかいてありました。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-14 22:30 | コスメ

まずはRMK rumikoから          


私の大好きなルミコさんプロダクト、シドニーでは手に入らないので日本に着くなりショップに向かいましたよ。なんとその日から新色紹介のメイクアップショーがあるということでモデルさんを使ってのメイクレッスンは楽しかった。

でもまずは肌つくりからと、スキンチユーナー(化粧水)とスキンバリアとパックをゲット。

b0081960_20484575.gif
b0081960_20475493.gif
乾燥肌用の化粧水はなんだかドロッとしたものが多く、私はやはり肌にス~ッとしみ込む感触が好きなのでこのスキンチューナーがお気に入り。二層に分かれていて振って使います。だからしっとり成分とあっさり化粧水が見事にブレンドされています。分かっているなあルミコさん。
また、ルミコブランドは香りがイイ。香りからキレイになるって言うのは大切。

その香りがまた生かされているのがスキンバリアクリーム。肌がこうむったダメージを回復させる力を含んだ肌を元気に再生させるクリーム。クリームと言ってもプルプルのジェリーのようで肌すべりも抜群。クリーム苦手な人にも抵抗なく使って頂ける優秀品。

b0081960_20491995.gif

そしてこのパック、なんと美容液をシート状にしたという画期的代物。つまり、紙やコットンに美容液を含ませたのではなく、美容液そのものがパックになっていると言うから乾くことなく常にプルプル。はがすのがおしくて一晩つけて寝てしまったぐらい。昨日はキッチンに立ちながら使ったのですが、美容液が重いのか、ずるっと下がってきてしまいました。やっぱりパックは気分も落ち着けてゆったり横になってするのがいいみたい。仕上がりはシートも負けるぐらいのプルプル肌です。これホント。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-13 20:44 | コスメ

美人前髪クリップ、簡単にしてパーフェクト     


b0081960_20132481.jpg


旅行中一番大変なのがヘアースタイリング。カーラーやコテを持ち歩くのも大荷物、ましてや海外となると電圧が違うので使えない。ちなみにオーストラリアは240ボルト、なんと日本の倍はあります。無理やり突っ込んでドライアーから火を噴いたって言う嘘のようなほんとの話がいっぱいです。でも、今回の私のテーマはフェミニン~、巻き巻き巻き髪が基本だったので、早速ヨド○シカメラで旅行用のホットカーラーを購入。なんと海外でも使用可という優れもの。カーラーは一度に2ヶしか温まらないけれど大と小のカーラーを足し買いしてメイクと並行しつつヘアースタイルしよう。これなら巻きすぎず、持ち運びも最小サイズでかさばらずGood.

そして、その横で見つけたのがこの前髪クリップ。HPによると美人巻き髪シリーズなる商品展開らしいが、確かにこのクリップ、大きさといい、クリップ力といい、形といい、パーフェクトな前髪の立ち上がり、流れ、毛先の落ち着きを作ってくれます。私の毛はボリュームが出すぎて、巻いたカーラーの形そのまま、クリッとしちゃうんですが、これではさんで置くと毛先がぴったりと沿うように流れてくれます。すごいんです!

昨日のウエディングのお仕事にも大活躍いたしました。ウエディングでの前髪はきっちりが基本ゆえ、助かります。お土産にいっぱい買い占めました。

さて、きょうからは日本からの戦利品を続々ご紹介いたしましょう。また、日本でのびっくりニュースもあります。また、見に来てください。
[PR]
by virtualbeautyM | 2006-09-12 20:23 | コスメ